普通免許ではどんな車が運転できる?

普通免許でどんな車が運転できる?

普通免許を取得すれば、普通自動車と原付、そして小型特殊自動車(フォークリフト、農耕トラクターなど)を運転することができます。

注意が必要なのは、法改正の影響で、いつ普通免許を取ったかによって、運転できる車の重さが変わってくることです。

(1)平成19年(2007年)6月までに普通免許を取得した場合
車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満、乗車定員10人以下
(2)平成19年(2007年)6月~平成29年(2017年)3月までに普通免許を取得した場合
車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満、乗車定員10人以下
(3)平成29年(2017年)3月以降に普通免許を取得した場合
車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満、乗車定員10人以下

(注)(1)、(2)のケースでは免許更新時に限定付きの中型・準中型免許になります

オートマチック限定の普通免許

普通免許には、マニュアル車を運転できない、オートマチック限定の免許があります。
普通免許を取るときにも、AT限定にするかどうか迷う人も多いようです。

日本で普通に生活していてMTに乗ることは稀ですし、どうしても運転しなければならないといった機会はまずないでしょう。
一方で、トラックやバスなどの大型車ではまだまだMTも健在ですし、ヨーロッパなどの外国ではMT車が多い国もあります。

初めて運転免許を取るとき、AT限定にすると教習所での実技講習が3時間ほど減り、その分だけ授業料が減ることが一般的です。
後からAT限定を解除をしようとすると、教習所だと4時間の技能講習と審査が必要で、費用は5万円程度のことが多いようです。

将来海外で運転する機会がありそうな人や、ドライバーの仕事につくことを考えている場合は、最初からMTを取っておいて損はないでしょう。