運転免許を取得するメリット

運転免許の種類

日本の運転免許は、報酬をもらって乗客を運ぶことができる第二種運転免許(第二種免許)と、それができない第一種運転免許(第一種免許)に大別されます。
さらに運転できる車・バイクの種類によって、第一種運転免許は10種類、第二種運転免許は5種類に分かれています。
第一種免許の方が種類が多いのは、バイクや原付、小型特殊自動車(フォークリフトー、農耕トラクターなど)には、第二種免許が存在しないためです。

第一種免許は、大型自動車免許(大型免許)、中型自動車免許(中型免許)、準中型自動車免許(準中型免許)、普通自動車免許(普通免許)、大型特殊自動車免許(大型特殊免許)、小型特殊自動車免許(小型特殊免許)、大型自動二輪車免許(大型二輪免許)、普通自動二輪車免許(普通二輪免許)、原動機付自転車免許(原付免許)、けん引免許の10種類です。

第二種免許が必要なのはどんな場合?

第二種免許には、大型自動車第二種免許(大型第二種免許)、中型自動車第二種免許(中型第二種免許)、普通自動車第二種免許(普通第二種免許)、大型特殊自動車第二種免許(大型特殊第二種免許)、けん引第二種免許の5つがあります。

第一種免許との違いを一言でいうと、バスやタクシーのように、お金をもらってお客さんを運ぶことができるのが第二種免許で、できないのが第一種免許になります。
ただし、トラックのように人ではなく荷物を運ぶ場合や、人を乗せてもお金を取らないような場合は、一種免許だけでも大丈夫です。

第二種運転免許を取るためには、満21歳以上で、すでに他の第二種免許を持っているか、大型第一種免許、中型第一種免許、準中型免許、普通第一種免許、大型特殊第一種免許のうちいずれかを通算して3年以上保持している必要があります。
人の命を預かる仕事をする以上、第一種免許と比べて条件が厳しくなっています。