運転免許の種類を分かりやすく解説

取得すると転職に有利?運転免許の種類の調べ方

運転免許の種類

最近は高校を卒業しても、運転免許を取らない人が増えてきています。
交通網が発達している都会に住んでいれば、普段の生活で車を必要だと感じない場合も多いかもしれません。

しかし、ドライバーなど運転そのものが仕事である場合以外にも、車の運転を必要とする職種は意外と多いものです。
例えば、営業や不動産関係のお仕事などでは、都会であっても駅から離れた場所を訪問するためには、自分で車を運転すると便利だということも結構あります。

実際、普通免許を必須としている求人も数多く、車を運転できた方が色々と選択肢が広まるのも事実です。
例えば、東京都のハローワークに出ている求人のうち、1割強は普通免許の所持を応募の条件としています。

さらに、大型免許や二種免許などワンランク上の運転免許を持っていると、それに応じて好条件の仕事を見つけることも可能です。
現在、運輸業界は人手不足が深刻で、タクシーやトラックの運転手は好待遇で募集している企業も多いです。
とりあえず普通免許を持っていれば、入社後に業務に必要なレベルの高い免許の取得をサポートしてくれるところもあります。

日常生活においても、都心から離れると車が必須という地域も多いですし、免許を持っていないと行きにくい場所というのも多くあります。

このサイトでは、運転免許の種類についてまとめるとともに、最もポピュラーな普通免許や、誤解しやすい点について詳しく解説しています。
バイク免許についても載せていますので、ご参考になれば幸いです。

運転免許を取得するメリット

運転免許の必要なお仕事は、ドライバーだけではありません。 一般企業の営業職や不動産業界などでは、勤務中の移動に車を使う必要があることも少なくありません。 自分の能力を発揮できる、条件のいい仕事を逃さないためにも、自分に合った運転免許を検討してみましょう。

普通免許ではどんな車が運転できる?

最もポピュラーな普通免許ですが、取得した時期によって運転できる車が変わってくるなど、分かりにくい部分があります。 普通免許で運転できる車について、詳しくまとめてみました。 また、オートマチック限定のメリットとデメリットについても解説しています。

二輪免許:バイクと原付

二輪免許では、原付免許では運転できない原付があるなど、混乱しやすい部分があります。 うっかり無免許運転をしてしまわないように、原付一種と原付二種の違いなどについて、分かりやすく解説しています。 普通免許を持っている方は、原付一種も運転することが許されていますので、ご参照ください。